鉄火場ボンバー~中野太陽会一時避難所~

中野区在住レイソリスタの避難所

<<アイスホッケーを観に行ったら、柏のチャントが聞こえてきた件。えのきどさんでお馴染みアイスバックスの応援もしてきたぞ! | ホーム | サンロッカーズのマスコットに、レイくんと同じ匂いを感じた件。>>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
<<アイスホッケーを観に行ったら、柏のチャントが聞こえてきた件。えのきどさんでお馴染みアイスバックスの応援もしてきたぞ! | ホーム | サンロッカーズのマスコットに、レイくんと同じ匂いを感じた件。>>

2010.2.6 プリンスリーグ千葉県代表決定戦 幕張総合高校戦

20100206ユース幕張総合高戦



プリンスリーグU-18関東2部参入戦 千葉県代表決定戦
2010年2月6日(土)14:00KickOff@習志野市秋津サッカー場
柏レイソルU-1800-00幕張総合高
0-0
得点者なし
延長(各10
分)
前半0-0
後半0-0

PK4-5
○○
×○
○○
○○
○○
created by :TextMatchReport :more_info

この試合に勝てば千葉県代表として、悲願のプリンスリーグ入りを賭けてヴァンフォーレ甲府との参入戦を争う予定だったのですが、そこに辿り着くことなく、またしても敗れてしまいました。
トータルとしては攻勢でしたが、引いた相手を崩せず、ほとんどチャンスらしいチャンスもないまま単調な攻めを繰り返し、戦術や交代策にも決定的な決め手を与えるものはありませんでした。


既に多くの人によって語られているでしょうが、今一度柏レイソルU-18のプリンス挑戦への歴史を振り返ります。

2006年度…習志野にPK負け
2007年度…県リーグ3位で参入戦出場ならず
2008年度…ジェフにPK負け
2009年度…八千代にPK負け
ソースは千葉県サッカー協会より。2005年以前は資料がないのでわかりません。
今年も含めて、5年間で4度目のPK負けと言うことになりました。

なぜプリンス入りが悲願なのか。それは単純にレベルが高いからです。
プリンスリーグはそもそも、関東のクラブユース、高体連のサッカーチームから選抜された総当たりリーグ戦です。

そこには浦和やマリノス、あるいは市船や流経柏などの強豪チームがひしめいており、柏が県リーグで格下相手に戦っている間にも、彼らは自分たちと同格かそれ以上の相手と1年を通して戦い、真剣勝負の経験値を高めレベルを向上させているのです。

実際問題として、彼らと柏にそれほどの差があるわけではありません。
PKで勝てないっていうのは差のない戦いだったという証拠でもあり、具体的な例を挙げるなら、前年柏と参入戦を争いPK戦までもつれた八千代は昨年のプリンス2部で1位となり、早くも1部リーグ昇格を決めています。

プリンスに入れてないからと言って、柏のレベルが決して低いわけではなく、むしろ全国的に高い評価をされています。
客観的に見ても柏は全国のユース世代で実力的に3番手グループには入っていると思います。

1番手グループは全国大会で常に優勝が最低ノルマで、実際にそれだけの実績をコンスタントに挙げている広島、FC東京、ガンバ大阪。
2番手が少なくてもベスト4以上には毎回名を連ね、優勝も珍しくないチーム。マリノス、ヴェルディ、レッズ。
ユース3大タイトル(クラブユース選手権、高円宮杯、ユースカップ)で過去10年間で準優勝2回、3位3回の柏が属すると思われる3番手は、全国大会の常連で毎回決勝トーナメントのベスト8以上、その世代のコンディションによっては優勝候補にも挙げられて実際に上位入賞もあるグループ。
名を連ねているのは名古屋、清水、京都、磐田、セレッソといった辺りでしょうか。

グループ間の差は僅かで、当然ながら世代によっては逆転もあるかもしれませんが、実績と照らし合わせればこんなところだと思われます。

その僅かな差を打破するための要因はいろいろあると思います。「選手の技量、層の厚さ」「指導者のレベル」「クラブの環境」そして「実戦の経験値」などをアップすること。

実戦の経験値を上げるための手段はいろいろある中でも、一番手っ取り早いのはレベルの高い相手との試合を数多くこなすことでしょう。
そのためにも、プリンスには入っておきたかったんです。格下相手に大差の試合をいくらこなしても、勝つか負けるか、技術と体力と戦術戦略を総動員してやっと勝てるかどうかのギリギリの試合1試合の方が、ずっと経験値としては上なんじゃないかと思います。

ここまで愚痴をたらたらたらして来ましたが、プリンスってそこに辿り着くまでに1年かけて県リーグを戦って、勝ち残ったチームとプリンス下位のチームとで参入を争うだけあって、トータルのチーム力が問われるんです。
プリンスに入ることが目的と言うよりも、プリンスに入ってるかどうかっていう事が、そのトータルなチーム力を持っているっていう、一つの証明でもあるからなんです。

先程上げた全国上位グループの話で名前の出たチームの中で各地域のプリンスに所属していないのって、全部調べたわけじゃないですが柏くらいじゃないでしょうか?

逆に言うと、まだまだチームとしての何かが足りないんでしょうね。この壁を突破すれば、一気にもっと上まで行くと思うんですけども。

そしてそれは、トップにも還元されていくんじゃないかと思います。当然それが最大にして唯一の目的ですし。

  1. 2010/02/11(木) 19:08:22|
  2. レイソル>ユース|

Calendar

最新記事

月別アーカイブ

02  12  08  05  04  03  02  01  12  07  06  05  04  03  02  01  04  03  02  01  12  11 

カテゴリ

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

twitterでつぶやき中


Powered by ついめ~じ

人気エントリー

ブログパーツ

QRコード

QR

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
3024位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
499位
アクセスランキングを見る>>

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。